INFORMATION瀬戸内町農泊推進協議会内組織・与路島観光協会が独立しました。

鹿児島県の離島で一番大きな奄美大島の南にある「与路島」と「ハミヤ島」。エメラルドグリーンのサンゴ礁の海が輝き、亜熱帯植物の原始の森が広がります。はるか昔、この島を発見したヨーロッパ人が「サンタ・マリア島」と名付けたと伝えられる美しい景観です。 旅の魅力はそれだけではありません。沖縄とは違う、どこか哀愁漂う旋律が心に響く島唄、スローフードの先駆といえる郷土料理、大切に継がれた祭りや紬工芸、特有の方言…。ここに在る、あらゆるものが秘めた不思議なチカラを持ち、訪れる人々を癒し元気にしてくれます。